思いきりが良いという事と、力が入るというのは紙一重だと思います。

俺がやらなければ、とか、俺が決めなければ、とか、
気持ちが入り過ぎてしまったり、
外してしまったら、とか、入れなけらば、とか、
自分にプレッシャーを掛けすぎてしまったり等の時に、
力が入り過ぎてしまう傾向にあります。

力が入り過ぎると、体が固くなり動かなくなってしまいます。

そうなると始動が送れてしまったり、
動きのリズムが単調になってしまったりと、
負の連鎖にはまってしまいます。

リラックスしてプレーをする為には、
日頃から気持ちのコントロールを身につけていかなければなりません。
 
小さい頃から、どんな時でも自分のプレーが出来る。
そんな選手が増えたら、サッカー日本代表の得点力不足も
解消出来る様になるかも知れないですね!