バット、ボール、ラケット、クラブ等々、
近年の道具はめざましく進化してます。

飛距離が出やすいボールやバットやクラブ、
軽いラケットにウエアやシューズ、
ボールに変化をかけやすいシューズやボール等もあります。

用具の進化によって、プレーをしやすかったり、
観ている人達を楽しませて貰えるのはありがたいですが、
この用具の進化によって選手に負担が掛かるようになってしまうのは、
いかがなものか、とも思います。

近年は、高校や中学生でもウェイトトレーニングを取り入れ、
身体の大きな選手も増えスイングスピードの速い選手が増えています。
この様な選手が増えている中で金属バットを使っていると、
投手に掛かる負担は大きくなってしまいます。
 
特に甲子園や甲子園の予選等の連戦が続く中では、
より顕著にそれが現れます。

選手の為にも、金属バットの使用や、
連戦や連投を制限出来ると良いのではないでしょうかね。

ビジネスが絡むと難しいのかも知れませんが......