少しずつ暖かくなってきましたね。

冷え症の方もこれで、一安心だと思っていませんか?

末端冷え症というのは、末梢の血管の血流が悪くなってしまい起こります。
この末端冷え症の方は、気温や体温が上がったとしても、
少しの寒冷の刺激により、末端冷え症の症状が出現してしまいすぐに冷えてしまいます。

なので、気温が上がってきたといっても油断は出来ません。

巷で様々な末端冷え症の改善法を見掛けます。
手足を動かして末端の血流を改善させる、手足を暖める、
大きい血管を暖める等色々な方法が言われていますが、
どれも単体でやっていては意味がありません。

末端冷え症は、末梢の血流が滞る事で起きます。
手足を動かして血流を改善させても、冷たい血液を回していては中々暖まりません。
一応動かしているので、筋温の上昇によって暖まりますが、
だったら大きな筋肉を動かして暖まった方が効果的でしょう。

手足を暖めると、末梢の血管は拡張し手先足先まで暖められますが、
暖めているうちは良いのですが、大きい血管を暖めていないので、
体温も上がりにくく、暖かい血液が中々巡りません。
なので、表面だけ暖かく深部まで暖まらない為にすぐに冷えてしまいます。

そのため、太い血管を暖めると良いのですが、そもそも末端冷え症の人は、
末端の血流が滞る事で起こるので、いくら太い血管だけを暖めても、
抹消の血流が改善しないと、暖かい血液を回せません。

というように、末端冷え症の場合は、一つの事だけをしていても中々改善出来ないのです。

そこで、あおい接骨院ではお灸を使い、太い血管や深部までを暖め、
冷えにくい状態を作り、そこにマッサージやストレッチを組み合わせる事で、
末端の血流の改善し冷え症の改善をはかる治療を提供しています。

冷え症でお悩みの方、ぜひ1度お試し下さい。 
ご相談ご質問もお気軽にどうぞ!