アスリートの方が妊娠し、出産した後、競技を続ける事は大変だという話を伺いました。

確かに、支援やサポートの面から見ても整っているとは決して言えないですし、
トレーニングの面から見ても確立されてるとは言えません。

どちらもこれからの課題だと思われます。

そんな妊娠していたアスリートの方から伺ったのですが、
出産の直前までトレーニングをしていたとおっしゃっていました。
ブランクの期間は短いに越した事はないので、大事な事だと思います。
それでも、腹圧が掛かり過ぎない様にトレーニングをしていく事は大変だっただろうなと想像出来ます。

でも、妊婦さんでも、トレーニング出来るんです!
これが、凄く大事なところだと思うんです。

最近は妊婦さんを大事にし過ぎる傾向があると思われます。
妊娠中だから、やらない、出来ない、
妊娠中だから、やらせない、させない。
そうではないんじゃないでしょうか?
野生の世界では、お腹に赤ちゃんがいようが、
生きていく為に狩りもすれば、食べ物をとりに木にも登ります。
人間も動物ですから、殆どの事は出来る筈なんです。

なので、妊娠中だけどやる、妊婦さんにもやって貰う、妊婦だけどやろう、
と意識の変化を持てると健康で元気な妊婦さんでいられると思います。
でも、言う側も言われる側もお互い決して無理をしない、させない様にして下さいね!

私は、今まで施術を通して沢山の妊婦さんに関わって来ましたが、
全然優しくないと言われますけどね!(笑
一施術者として妊婦さんも特別扱いせず、一人の人間として接しさせて頂いています。
きちんと対応させて頂くので妊婦さんの方も安心して施術を受けに来て下さい!